エブリデイトピックス

毎日のいろいろ話題をピックアップ

◆映画

「凪待ち」香取慎吾の狂気と悲哀!あらすじ・ネタバレ・感想【最新】

投稿日:2019年6月28日 更新日:

「凪待ち」香取慎吾の狂気と悲哀!あらすじ・ネタバレ・感想【最新】

 

「孤狼の血」の白石和彌監督が、香取慎吾を主演に迎えて描くヒューマンサスペンス。

「クライマーズ・ハイ」の加藤正人が脚本を手がけ、人生につまずき落ちぶれた男の喪失と再生を描く。

無為な毎日を送っていた木野本郁男は、ギャンブルから足を洗い、恋人・亜弓と彼女の娘・美波とともに亜弓の故郷である石巻に移り住むことに。

亜弓の父・勝美は末期がんに冒されながらも漁師を続けており、近所に住む小野寺が世話を焼いていた。

人懐っこい小野寺に誘われて飲みに出かけた郁男は、泥酔している中学教師・村上と出会う。彼は亜弓の元夫で、美波の父親だった。

ある日、美波は亜弓と衝突して家を飛び出す。亜弓は夜になっても帰って来ない美波を心配してパニックに陥り、激しく罵られた郁男は彼女を車から降ろしてひとりで捜すよう突き放す。

その夜遅く、亜弓は遺体となって発見され……。

「くちびるに歌を」の恒松祐里が美波、「ナビィの恋」の西田尚美が亜弓、「万引き家族」のリリー・フランキーが小野寺を演じる。

凪待ち 2019年6月28日




◆「凪待ち」ここがみどころ

去年の「止められるか、俺たちを」で、時代の熱気と哀しさを魅力的に描いた白石和彌監督の最新作。

今年、すったもんだの末に公開された「麻雀放浪記2020」でも、ぶっ飛んだ設定の中に場末の風俗のエネルギー、勝負師のおかしくも哀しい情熱的な生きざまを見せて、日本映画界で今いちばんワクワクさせてくれる監督です。

今作は、ギャンブル依存症の男が大切な人を失って墜ちていく、どシリアスな物語のようで、予告編に漂う切羽詰まった緊張感にとても惹かれました。

日本映画の大作人間ドラマだと、最近は特に原作ものが多い気がしますが、「凪待ち」は映画オリジナルだというのも嬉しいです。

主人公を演じる香取慎吾は、若い頃の演技はどうも個性を持て余してるような印象でしたが、これまでと全く違う狂気と悲哀を感じさせる表情をしていて、業にまみれた人間の重みを見せてくれるのではないかと期待してます。

そのほかのキャストも、西田尚美、リリー・フランキーといったベテランが、人情味溢れる人柄を見せてくれるのにも期待大。

そしてもう一人、黒沢清監督「散歩する侵略者」で、ふてぶてしい存在感と鮮烈なアクションで度肝を抜いた若手女優、恒松祐里が、新しい一面を見せてくれそうなのも楽しみです。

実力ある作家と魅力的なキャストが集まった、今年の注目作のひとつだと思います。

 

◆「凪待ち」みんなの感想

凪待ち 観ました。 なんか凄かったなぁ 郁男のダメっぷりと周りの人の優しさと、山や海の綺麗な風景と復興途中の風景。情けなくて悲しくて激しくて優しい… いろんな感情に晒された映画でした。想像よりもずっと切なくなってしまっていっぱい泣いた( ; ; ) 郁男ほどダメなやつじゃなくても、こういう役の香取慎吾もっとみたい 見終わったあとの余韻がすごいな… ほんとにめちゃくちゃよかった…。亜弓のお父さんが言った言葉が心に残る
「凪待ち」観てきました。号泣しました。でも今は海の中に身を潜めたような、不思議な静けさに包まれています。良い映画でした。ありがとうございます。
凪待ち。なんで?なんで?どうして?! って思うのに手を差し伸べたくなってしまう。それぞれの感情が複雑だからまた観たくなるね。上手く表現出来ないけど 優しさしか感じない作品。すっごい極悪非道なようでね…
「凪待ち」観てきました。郁男のあの目付きが頭から離れない…!脳裏に焼き付いてる… ほんとにクズだった…← 何回、おい!と心の中でツッコミを入れたことか… 完全に亜弓目線で見てた。郁男もだけど、亜弓さん役の西田尚美さん、なんか色気あったなー 白石監督の撮り方なのかな。郁男が心から笑える日が来ますように。胸がギューってなって今はこれしかない。しばらく抜けれそうにない。
凪待ち観て来ました。 きっと ダメな人なんて いないんだよね。って思いました 優しさ、暖かさ 愛情 感じたよ。素敵な映画です。沢山の方に観てもらいたい何かを感じるはず。
「凪待ち」観てきたけど最初から最後まで力が入り、泣いて泣いて途中郁男にキュンとし感情が追いつかず(笑) 是非エンドロール最後まで見てください‼石巻の今が見れます。 人って1人ぢゃ生きていけない暖かさも感じた。

◆「凪待ち」ネタバレ感想

ギャンブル依存症の木之本郁男(香取慎吾)が主人公。

同居して5年になる恋人家の都合で、恋人の実家に引越しを余儀なくされます。

良いきっかけだと思い、郁男は真面目に生きようとする。

しかし、郁男の周りで不幸が次々と襲いかかる。

郁男の心はどんどん荒んでいき、自暴自棄に。

そんな郁男に手を差し伸べたのが、恋人の父親と恋人の娘でした。

 

殺害と犯人、ギャンブル依存性、会社の売上金疑惑などこれでもかというくらいに不幸が襲いかかるので、R指定がかかっている映画館で観ました。

恋人の父親が漁師だったこともあり、郁男の心の中が穏やかになることを「凪」に例えているのだと思います。

ただひたすら「待つ」しか郁男の心は変わらない。

そのために恋人の父親と恋人の娘だけが郁男の理解者なのです。

果たして郁男の心を変えることができたのか。

デートで見ることはオススメできません。



-◆映画

執筆者:

関連記事

『アンノウン・ソルジャー英雄なき戦場』あらすじ・ネタバレ・感想【最新】

◆映画『アンノウン・ソルジャー英雄なき戦場』あらすじ・ネタバレ・感想【最新】 第二次世界大戦中の1941年から1944年におこったフィンランドとソ連の継続戦争がテーマの映画「アンノウン・ソルジャー英雄 …

『アラジン』実写映画のあらすじ!ネタバレ!感想【最新】

『アラジン』実写映画のあらすじ・ネタバレ・感想【最新】 多くのディズニーファンが待ち望んだ、ディズニーの不朽の名作「アラジン」実写版! 全国のディズニーファンが上映の日を今か今かと待ち望んでします。 …

エリカ38映画は実話?ネタバレあらすじ!感想【最新】

エリカ38映画は実話?ネタバレあらすじ!感想【最新】 2018年9月に亡くなった樹木希林さんが生前、自身初の企画で製作された映画「エリカ38」 実在の事件をモチーフにした「エリカ38」。 60歳を過ぎ …

メンインブラック4ウィルスミス不在はキツイ!ネタバレと感想【最新】

メンインブラック4ウィルスミス不在はキツイ!ネタバレと感想【最新】 地球に生息するエイリアンを監視する秘密組織「MIB」のエージェントたちの活躍を描く人気SFアクション「メン・イン・ブラック」シリーズ …

実写映画「名探偵ピカチュウ」ネタバレ感想!おじさん声ピカチュウのリアルさ!【最新】

実写映画「名探偵ピカチュウ」ネタバレ感想!おじさん声ピカチュウのリアルさ!【最新】 世界的人気を誇る日本発のゲーム「ポケットモンスター」シリーズの「名探偵ピカチュウ」をハリウッドで実写映画化。 「デッ …

最近のコメント

    カテゴリー