エブリデイトピックス

毎日のいろいろ話題をピックアップ

◆映画

『アラジン』実写映画のあらすじ!ネタバレ!感想【最新】

投稿日:2019年6月7日 更新日:

『アラジン』実写映画のあらすじ・ネタバレ・感想【最新】

多くのディズニーファンが待ち望んだ、ディズニーの不朽の名作「アラジン」実写版!

全国のディズニーファンが上映の日を今か今かと待ち望んでします。

ここでは「アラジン」実写版を期待するファンの声を集めてみました。

また早速映画館に足を運び、「アラジン」実写版を観た!という人の生の感想・ネタバレも紹介します。




◆「アラジン」圧巻の映像美に期待

アニメを実写化すると大抵は残念に感じる映画が多いが、実写化として成功したエマ・ワトソン主演の「美女と野獣」の製作キャストが製作したということで、決してハズレとはならいはずだからと、とても期待している。

また、「アラジン」の中で主役のアラジンよりも存在感の強い、ジーニー役を人気、実力ともに申し分ないウィル・スミスが演じることで、ジーニーの憎めないキャラをどう演じるか、期待感が強まる映画となっている。

ディズニーの音楽界になくてはならない、アラン・メンケンもこの映画に関わり、数々の名曲がどのように物語に入り込んでくるかも楽しみの一つだ。

すでに予告映像がメディア等で放映されているが、アグラバーの壮大さが再現されており、ジーニーが巻き起こす魔法の数々、アラジンとジャスミンの魔法のじゅうたんでのデートシーンは、圧巻の映像美で、映画館のスクリーンで見ることをとても楽しみにしている。

美女と野獣がとても大満足な出来であったことから、アラジンに対してもいちディズニーファンとしてかなりの期待感があり、少しでも早く公開しないかとうずうずしながら待っている状況である。

 

◆「アラジン」迫力のあるアクションやCG

小さなころから何度も見ているディズニーの「アラジン」が実写化するということで、上映を心待ちにしていました。

ストーリーはもちろん知っていますが、歌やダンス、迫力のあるアクションやCGのシーンに期待大です。

テレビのCMやワイドショーでも大きく取り上げられていますが、アニメで見ていた大好きなシーンが実写で再現されているのを見て、とてもわくわくしています。

アニメと同じシーンでも、生身の人間というだけあって描かれ方がダイナミックで壮大みたいなのです。

主人公アラジンの躍動感いっぱいの映像や、魔法の絨毯でジャスミン姫と空中散歩するシーンを予告でほんの少しだけ見ましたが、すぐに一緒に歌いたくなりました!

大好きな音楽と歌なので、映画館の整った音響設備で見るのが楽しみです。

また、ジーニーやアブーなど、人間の演技ではどうにも表現できないんじゃないか?と思っていたところも、CGで忠実に再現されているみたいなので、きっと違和感なく物語に集中できると思います。

最近、昔のディズニーのアニメ映画を実写化することが多くなってきていますが(マレフィセントや、美女と野獣などなど)、そのどれも期待を裏切らない仕上がりなので、今回も間違いないだろうという安心感もあります。

 

◆「アラジン」ジーニー役のウィル・スミスに注目!

アラジンは、アニメ版の頃から知っている話の為、要注目作品です!!

アニメ版の1,2,3全部見ていて、本当に好きな話です。

私の気になる部分としては、全部で3個です。

まずは、登場人物。

登場人物はアニメ版と同じで、黒人の方を中心に出演されています。

一時は、白人の方を使うといって揉めた事もあるそうですが、そこは反対が多かったそうで、アニメ版同様になったみたいです。

中でも、一番注目にしているのは、ジーニー役のウィル・スミスです。

少しずつ公開に向け、映像も出ていますが、それもチェックポイントです。

ウィル・スミスといえば、今までも様々なコメディーに出ています。

彼自身には、面白さもあり、歌唱力もあるので、アニメ映画以上の期待を持っていいと思います!

続いては、衣装について。

服装については、アニメ版とは同じような部分もありますが、中でも気になるのは、ジャスミンの衣装です。

アニメ版のジャスミンの服装は、シンプルかつ、おしゃれな感じで、露出が多い衣装でした。

今回の実写版では、露出は少ないけれど、アニメ版以上にゴージャスであり、エレガントになっています。

お姫様らしい感じであり、落ち着いた感じになっているので衣装についても気になるポイントです!

最後に何といってもアラジンといえば、歌です!

特に、アラジンとジャスミンの2人で歌う「ホールニューワールド」は、一番の見たい部分です。

また、他にもジーニーの登場シーンで歌う「フレンドライク」も注目です。

歌については、全部が楽しみでしょうがないです!今年一番といってもいいほどの注目作品。

そして、自分の大好きなアラジンという映画の実写版どうなるか、まだ、分かりませんが、絶対に失敗しない作品だと思います。

 

◆「アラジン」ジャスミン ジャファーの実写が楽しみ!

元々のディズニーアニメ版のアラジンが好きで、その実写版が公開されるのが発表されてからずっと注目しています。

勇気と知性をもったアラジン、美しいが自由を求めるお姫様のジャスミン、恐ろしい敵役ジャファーなどが実写で2019年に見られるというのは奇跡に近いと思っています。

中でも、あのランプの精ジーニーをウィル・スミスが演じていて、彼が愉快で面白い演技をどのように見せてくれるのか非常に楽しみ。

歌唱シーンがもう既に公開されているのだけれど、それだけでも作品内のワクワクが伝わってくるのが凄い。

また、アニメ版に引き続き、「美女と野獣」や「リトルマーメイド」のアランメンケンが作品中の音楽も担当しています。

超有名曲「ホールニューワールド」は当たり前だけど、なんと実写版限定の新曲まであるらしい。

これもどのシーンでどのような曲が流れるのかワクワクしながら見ないといけないと思っています。

アメリカではすでに公開済みだけれど、現地で評判のいい4DXで見たいなと思っています。

空飛ぶカーペットのシーンは、本当のアトラクションのように飛べるらしいとのこと。

一部劇場でしか体験できないけれど、絶対に足を運びたいと思っています。

 

◆「アラジン」キャラクターのジーニーに注目

今までのディズニーの実写映画は「シンデレラ」と「美女と野獣」と「くまのプーさん」と観てきましたが、それぞれ実写版ならではのテイストも含め、楽しく拝見しました。

今回の「アラジン」で、とくに注目しているのはキャラクターのジーニーです。

アニメ映画と同じく、声優を山寺宏一さんが担当されることもファンとしてはとても嬉しく楽しみにしています。

アニメ版では、ユニークでハイテンションかつ変幻自在なジーニーが、実写版ではどのような魅せ方をしてくれるのか、とても楽しみにしています。

また、アラジンとジャスミンが♪ホール・ニュー・ワールドを歌うシーンも楽しみのひとつです。

アニメ版では、作品の見せ場であり顔とも呼べる、空飛ぶ絨毯に乗り二人で空中散歩を楽しむあのシーンが、実写映画ではどのように演出がされているのか…アレンジされた♪ホール・ニュー・ワールドの歌も含めて、とても楽しみです。

そのほかにも、ジーニーが歌う♪フレンド・ライク・ミーやアリ王子のお通りシーンもどのように魅せてくれるのか期待しています。

ディズニー映画には欠かせないアラン・メンケンの楽曲も大好きで、スクリーンで観て聴くのを楽しみにしています。

 

◆「アラジン」吹き替え版 中村倫也と山寺宏一との掛け合い!

Disney作品の中でも不朽の名作と言われる「アラジン」

私も何度も繰り返し観たアニメーションの「アラジン」が実写化されるとなると、ストーリー展開の楽しみはもちろんですが、どのように再現されているかとても気になります。

ジーニーの自由自在な七変化やテンポの良さで楽しませてくれる魔法などは、CG技術が発達している現代こそ期待が高鳴ります。

そして映画の舞台であるアラビアならではの独特な雰囲気や煌びやかさ、色鮮やかな衣装、妖艶な踊り・音楽も予告で見た限りかなり豪華で美しく楽しみのひとつです。

またキャスティングも注目するところで、ジーニー役のウィル・スミスはまさにハマり役と言って良い俳優さんではないでしょうか。

私には子供がいて、映画は字幕版と日本語吹き替え版と2つ観ることになりますが、吹き替え版のアラジン役:中村倫也とジーニー役:山寺宏一との掛け合いなんかも見どころとなりそうです。

さらには子供たちと「アラジン」のサウンドトラックを聞いているので、劇場で歌いだしたくなってしまうかもしれません!

 

◆「アラジン」ディズニー映画でハッピーに!

もともとディズニー映画が好きというのも1つの理由ですが、辛いことや悲しいことがあってもそれらを乗り越える主人公たちの勇気や強さに憧れます。

そして何よりハッピーエンドで終わるのが一番スッキリするところもディズニー映画の大好きなところです。

アニメ版も観ましたし、子供ながら冒険心や信じることを学ばせてもらった映画です。

子供から大人まで楽しめるミュージカル映画はストーリーがしっかり入って行きやすいので、実写化されることでより感じ方がリアルになるのではないかなと。

本当に上映が楽しみな「アラジン」の実写版!

ぜひ劇場へ!6/7公開です!




◆「アラジン」観た人たちのネタバレあらすじ

・「アラジン」期待を裏切らない出来栄え

早速アラジン観てきました。

実写版はだいたいががっかりする事が多かったぶん、あまり期待せず観ましたが、想像越えの素晴らしさでした。

子供が一緒だったので吹替にしましたが、アラジン役の中村倫也さんの優しい声とジャスミンの透き通った歌声、何よりもジーニーの声と言うより青いウィルスミスさんが違和感なさすぎてはまってしまいました。

ジーニーが出た時には一瞬劇場がワッとなったような気がしました。

CGの絨毯もあまりに自然で本当に浮いてるようで、映像系の乗り物に弱い私は魔法の絨毯でアラジンとジャスミンが夜の町を飛んでるシーンだけで少し酔いそうなくらいでした。

ジャスミンの住む宮殿の中庭?の噴水がアニメでは印象的でしたが、実写版ではあまり出番も少なめで少し個人的にはさみしさも感じました。

子供は怖いシーンでは何度と私にしがみついてましたが、きっと低学年くらいのお子様は同じような感じなのかなとも思います。

キスシーンは2回、内容的には素敵な流れですけど、小さな子を持つ親としてはどちらも長く感じて微妙な気持ちでしたが、外国の映画ですし普通なのかもですね。

映画でジーニーがリンゴを食べるくらいで食事シーンがないのにディズニー映画としては珍しい気もしました。

とにかく面白くて期待を裏切らない最高の映画でした。




・「アラジン」ウィル・スミスのジーニー最高!

一番感激したのはウィル・スミスの魔人ジーニーです

実写でもCGもなるのかなと思いましたがちゃんとウィル・スミスの姿を生かしアニメに負けないぐらいノリの良いキャラでとてもよかったです

主人公のアラジンもやはりアニメと比べてしまうのでどんなもんだろうと心配していましたがエジプト人だからでしょうか?とてもイメージ通りでよかったです

日本語吹き替えでは中村倫也がホール・ニュー・ワールドを歌っていますがあれはちょっと私の中では声の質が違うように思ってしまったのが残念です

中村さんの歌は歌でお上手なのですがアラジンのイメージではなかったのかなとまたジャスミン役のナオミスコットはアニメより現実的な人物設定になっておりとても共感の持てるキャラクターになっていました

とても美しくエキゾチックでとても魅力的でしたランプの精のジーニーの力をめぐり悪役ジャファーとアラジンの攻防そこに美しいジャスミンを求めるアラジンの熱い恋心

ミュージカルの歌でより感情が盛り上がるとともにCGを駆使した迫りくるアクション

子供だけでなく大人もドキドキハラハラ胸を躍らせときめかせながら見れるました

あと2回ぐらい見たいなと思いました

◆「アラジン」ジャファーとイヤーゴが少し残念

元々小さいころからディズニー映画を見ており、その中でもアラジンはお気に入りの映画だったので公開を待ちわびていました。

特にジーニーが大好きで、今回吹替の声優がアニメと同じ山寺宏一さんだったので吹替で見に行きました。

結論からいうと、めちゃくちゃ面白かったです!!

特にジーニー!ウィル・スミスは流石だなとつくづく感じました。

あとジャスミン、めっちゃ可愛いし、芯が強い王女様のイメージにまさにぴったりといった感じでした。

歌に関しても文句なし、サントラほしくなりました。

唯一残念だったのが、ジャファーとイヤーゴでしょうか・・・

特にイヤーゴは結構動物的なかんじだったのでもう少し人間味がある感じで話してほしかったです。

ジャファーに関してはもっと強大な悪役感が欲しかったです。

わりときれいに収まってる感がありました。

アラジンの世界観に関してはばっちり再現されているので、総合的には初めてアラジンを見る方もアニメを知っている人にもおすすめです。




・「アラジン」美しい実写化に感動

とても美しい、ここまで素晴らしい実写化になるのか!という映画です。

序盤のArabianNightsから鳥肌がとまりませんでした。

アグラバーの美しい世界観に魅了され、アラジンが逃げるシーンではまるでアトラクションに乗っているかのようなドキドキを感じ、歌のすばらしさに心が踊りました。

アラジン、ジャスミン、そして青色のウィル・スミスじゃんと話題になったジーニー、すべて原作のイメージを保ちながらも彼らのオリジナリティも新たに付与されていて良かったです。

ただのラブストーリーではなく、貧しいながらも人を助けるアラジンの心の美しさ、女性が虐げられている環境で王女として民に寄り添う知的なジャスミンの強さなど見ていて得ることの多い映画です。

特にジャスミンの強さ挿入歌のスピーチレスは近年の女性が声をあげるようになってきた世の中の流れととてもマッチしていて今を生きる女性への応援歌のような側面を持っているのではないかと感じています。

フレンドライクミーを歌いながらも実質的には主従関係にあったアラジンとジーニーがアラジンの3つ目の願いによって本当の友達の関係になれた場面では涙が出ました。




・「アラジン」やっぱりハッピーエンド!

 

私は吹き替え版のアラジンを見たのですが、まず1番想像と違ったのは、話の途中でアラジンとジャスミンが魔法の絨毯に乗って歌う「ア・ホール・ニュー・ワールド」の翻訳が、アニメと違ったところに驚きました。

この場面が好きなため、いよいよ来るぞと待ち構えていたら全く違う歌詞のア・ホール・ニュー・ワールドが流れてきて拍子抜けしてしまいましたが、映画オリジナルの翻訳も素敵でした。

絨毯に乗って色々な世界を見て回るシーンは、実写で観るとリアルでより雰囲気が有りとてもロマンチックです。

アラジンは昔から何度も見てきたため次にどんなシーンが来るのかは分かってはいましたが、あのアラジンの世界を実写版としてどのように表現をするのかはドキドキして見ることができました。

印象的だったのはジャファーに洞窟へ放られたアラジンがジニーに出会う場面で、ジニーがフレンド・ライク・ミーを歌って踊って増える場面。

楽しい場面なので好きな方も多いと思いますが、青いウィル・スミスがたくさんいてジニーがたくさんではなく、ウィル・スミスがたくさんにしか見えませんでした。

また、ラストシーンもジニーとジャスミンの女中さんがゴールインするなど、主人公のアラジンとジャスミンだけではなく皆んながハッピーで終わるので、とても楽しく幸せな物語でした。

・「アラジン」あっという間の2時間半

予告で見ていたアラジンの顔が、あまりにも濃すぎてストーリーに集中できないかなぁと思いましたが、中村倫也の吹替がとても心地良く、すぐストーリーに集中できました。

アクションやスリルも満点で、情景や衣装が豪華でカラフルで、男性も女性も楽しめる映画だと思います。

もちろん恋愛要素もたくさんあるのでキュンキュンさせられました。

ジーニー役のウィルスミスを、見る前は笑ってしまうかなぁと思っていたんですが、なかなかハマり役でした。

ジーニーはいろんなものに変身したりするので、ウィルスミスは着替えやらメイクやらとても大変だっただろうなぁと推察しました。

アラジンの名曲もいろんな場面で散りばめられていて、何よりジャスミン役の木下晴香さんの歌の上手なこと!!

映画館に響き渡る声がとても素敵でうっとりさせられました。

5歳の息子と観に行ったのですが、2時間半あっという間で、ちゃんと観ることができたので、子連れの方にもおススメです。




-◆映画

執筆者:

関連記事

劇場版 うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEキングダム!感想【最新】

劇場版 うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEキングダム!感想【最新】 作品をあまり知らなくても男女関係なく楽しめる劇場版うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEキングダム! 多くのファンの感動したという …

エリカ38映画は実話?ネタバレあらすじ!感想【最新】

エリカ38映画は実話?ネタバレあらすじ!感想【最新】 2018年9月に亡くなった樹木希林さんが生前、自身初の企画で製作された映画「エリカ38」 実在の事件をモチーフにした「エリカ38」。 60歳を過ぎ …

キングダム映画続編希望!実写版評価は?豪華キャストは活かせてる?【感想最新】

キングダム映画続編希望!実写版の評価は?豪華キャストは活かせている?【感想最新】 原泰久の大人気漫画「キングダム」実写映画化! 監督は「アイアムアヒーロー」「いぬやしき」「図書館戦争」などの佐藤信介氏 …

「ゴジラ キングオブモンスターズ」ラストが気になる!ネタバレ・感想【最新】

「ゴジラ キングオブモンスターズ」ラストが気になる!ネタバレ・感想【最新】 日本が誇るキングオブモンスター「ゴジラ」 そのゴジラが帰ってきた! 2014年のハリウッド映画「GODZILLA ゴジラ」の …

映画「ザ・ファブル」の口コミが気になる!みどころネタバレあらすじ感想!【最新】

映画「ザ・ファブル」の口コミが気になる!みどころネタバレあらすじ感想!【最新】 週刊ヤングマガジン連載の南勝久氏の人気漫画「ザ・ファブル」が実写映画化。 主演の岡田准一さんが、天才的な殺し屋を熱演。 …

最近のコメント

    カテゴリー