エブリデイトピックス

毎日のいろいろ話題をピックアップ

◆映画

「うちの執事が言うことには」ネタバレ感想!永瀬廉映画初主演!【最新】

投稿日:2019年7月26日 更新日:

「うちの執事が言うことには」ネタバレ感想!永瀬廉映画初主演!【最新】

高里椎奈の人気小説シリーズをアイドルグループ「King & Prince」の永瀬廉の映画初主演作として実写映画化。

頭脳明晰なメガネ男子の御曹司・花穎役を永瀬が演じ、同じく「King & Prince」の神宮寺勇太が赤目家の御曹司・赤目刻弥役、清原翔が執事の衣更月役をそれぞれ演じる。

劇場公開日 2019年5月17日

 

◆「うちの執事が言うことには」あらすじ

社交界の名門として名高い烏丸家第27代当主・烏丸花穎が留学先の英国から帰国した。

しかし、彼を迎えたのは、花穎が絶大な信頼を寄せる老執事・鳳ではなく、まったく見ず知らずの仏頂面の青年・衣更月だった。

突如行方をくらました花穎の父・真一郎が残した命令によって、花穎は不本意ながら衣更月と主従関係を結ぶ羽目になってしまう。

新たに執事として仕える衣更月との微妙な空気が流れる中、花穎に上流階級の陰謀が降りかかる。

 

◆「うちの執事が言うことには」ネタバレ感想①

king&princeの永瀬廉くんの初主演映画です。

とても良い映画でした。

少しわがままで、でも純粋な心を持つ主人公と初めはウマが合わなかった執事が、次第に心を開きお互いを必要とする存在になっていく様がとても素晴らしく感動しました。

新しい当主になる永瀬君演じる烏丸花頴は本当にキャスティングがぴったりだと思います。

ビジュアルはもちろんですが、生意気なことを言いながらも心がとてもやさしい花頴の雰囲気がとても好印象でした。

また、そんな花頴のわがままに最初は振り回されながらも、しっかり仕え、時には花頴をトラブルから守るために全力を尽くす執事もとても素敵でした。

ときにコメディのように少しおもしろい要素もありながら、ミステリーの要素もあり、さらに涙を誘うようなシーンもあるという、かなり濃い映画だったと思います。

 

◆「うちの執事が言うことには」ネタバレ感想②

この映画は旧家の息子、花穎が若くして当主になる物語です。

父親が急に引退することになり、なかば無理矢理当主になるのですが、最初は名ばかりの当主だった花穎がさまざまな経験を積み徐々に本物の当主になっていくという人間味のあるお話でした。

この物語で、ポイントとなるのが新たに執事になった鳳という人物です。

花穎が信用していた執事バトラーから急遽鳳にかわり、納得のいかない花穎はその件で鳳と何度も揉めますが、ふたり人で問題を解決していくことで少しずつ信頼関係が生まれていきます。

この映画は旧家のお話で大金持ちのお屋敷等が出てくるので一見私たちにとって馴染みがなく、遥か遠いことに思えますが、執事と主人公、お屋敷のスタッフと主人公、そして友人と主人公というさまざまな観点で人間関係を描かれていて私たちの身近にあるような話でもあるので非常に勉強になりました。

 

-◆映画

執筆者:

関連記事

『アンノウン・ソルジャー英雄なき戦場』あらすじ・ネタバレ・感想【最新】

◆映画『アンノウン・ソルジャー英雄なき戦場』あらすじ・ネタバレ・感想【最新】 第二次世界大戦中の1941年から1944年におこったフィンランドとソ連の継続戦争がテーマの映画「アンノウン・ソルジャー英雄 …

劇場版 うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEキングダム!感想【最新】

劇場版 うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEキングダム!感想【最新】 作品をあまり知らなくても男女関係なく楽しめる劇場版うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEキングダム! 多くのファンの感動したという …

メンインブラック4ウィルスミス不在はキツイ!ネタバレと感想【最新】

メンインブラック4ウィルスミス不在はキツイ!ネタバレと感想【最新】 地球に生息するエイリアンを監視する秘密組織「MIB」のエージェントたちの活躍を描く人気SFアクション「メン・イン・ブラック」シリーズ …

実写映画「ライオン・キング」感想ネタバレ!究極のディズニーCG!【最新】

実写映画「ライオン・キング」感想ネタバレ!究極のディズニーCG!【最新】   アフリカの雄大な自然を背景にライオンの王子シンバの成長と冒険を描いたディズニー・アニメの名作「ライオン・キング」 …

映画「無双の鉄拳」韓国初登場1位の壮絶アクション!あらすじ・ネタバレ・感想【最新】

映画「無双の鉄拳」韓国初登場1位の壮絶アクション!あらすじ・ネタバレ・感想【最新】   「新感染 ファイナル・エクスプレス」「犯罪都市」のマ・ドンソクが、誘拐された妻を追う男を演じたノワール …

最近のコメント

    カテゴリー