エブリデイトピックス

毎日のいろいろ話題をピックアップ

◆映画

名探偵コナン「紺青の拳」ネタバレみんなの感想!おもしろさはココ【最新】

投稿日:

名探偵コナン「紺青の拳」ネタバレみんなの感想!おもしろさはココ【最新】

劇場版「名探偵コナン」の23作目「紺青の拳(フィスト)」

大ヒットアニメシリーズ

今回劇場版「名探偵コナン」の舞台はシンガポール。

初めての海外を舞台に伝説の宝石をめぐる謎と事件を解決します。

ここでは「名探偵コナン 紺青の拳(フィスト)」を実際に観た方の感想をお届けします。




◆「名探偵コナン 紺青の拳(フィスト)」あらすじ

コナン宿命のライバルでもある「月下の奇術師」こと怪盗キッドと、これが劇場版初登場となる空手家・京極真が物語のキーパーソンとなる。

19世紀末に海賊船とともにシンガポールの海底に沈んだとされるブルーサファイア「紺青の拳」を、現地の富豪が回収しようとした矢先、マリーナベイ・サンズで殺人事件が発生。

その現場には、怪盗キッドの血塗られた予告状が残されていた。

同じころ、シンガポールで開催される空手トーナメントを観戦するため、毛利蘭と鈴木園子が現地を訪れていた。

パスポートをもっていないコナンは日本で留守番のはずだったが、彼を利用しようとするキッドの手により強制的にシンガポールに連れてこられてしまう。

キッドは、ある邸宅の地下倉庫にブルーサファイアが眠っているという情報をつかむが……。

名探偵コナン 紺青の拳(フィスト)劇場公開日 2019年4月12日

 

◆「名探偵コナン 紺青の拳(フィスト)」は大人向けの作品

京極さんにしろ、怪盗キッドにしろ、コナン君にしろアクションシーンは、いやいやあり得ないよという過剰な演出を多々感じましたが、それはどのコナン作品もそうなのでご愛嬌といったところでしょうか。

今回は、シンガポールが舞台ということで、台詞が英語で字幕のシーンも多く、ストーリーの展開といい、登場するサブキャラクターといい、コナン映画の中では大人向けの作品に感じました。

シンガポールの美しい現地の風景を再現した映像美が物語を引き立て、世界観に引き込まれました。

また、ストーリー展開もテンポがよく、最後までなかなか犯人が読めず、コナン君と怪盗キッドと一緒に推理した気分になり、見ごたえがありました。

本作では普段なかなか描かれない園子と京極さんのラブストーリーが多かったのも、長年見ているファンにとっては新一と蘭だけの一辺倒でないところも見ていて楽しかったです。




◆「名探偵コナン 紺青の拳(フィスト)」のアクションシーンは感動モノ

名探偵コナンの映画は何故か映画館の大スクリーンで観たくなり、毎年観に行きます。

名探偵コナンの映画はグラフィックもですが、構図がとても好きです。

今回も怪盗キッド、京極真のアクションシーンは感動モノでした。

怪盗キッドの変装や京極真の空手のシーンはもちろんですが、コナンもやはり負けず劣らずとても素敵でした。

京極真と鈴木園子の心情は心配になるほどで。

どうかどうか京極真さんにははやくもとに戻って欲しいと願うばかりでした。

がやはり最後は納得ものでした。

悪事を働いてくれたあの方にはとても感謝します。

結局黒幕はお前だったのかと驚きもしました(笑)

怪盗キッドが新一に変装しているともちろんこちらは分かっていますが、何故蘭が怪盗キッドだと分かったか、と言うか気づいていたのか!と蘭の演技に最後は拍手ものでした。

まだ名探偵コナンのファンを名乗るにははやいようです。

 

◆「名探偵コナン 紺青の拳(フィスト)」はファンタジー要素強め

今回も冒頭に大爆発が起き、展開がとても早くて飽きませんでした。

黒幕に関してはかなり分かりやすかったので目星はすぐに付きました。

キャラクターに少し矛盾を感じる箇所があったものの細かな伏線がとても丁寧に張り巡らされていて大人でも楽しめる内容でした。

公式にもありましたが今回の映画はファンタジー要素強めとのことで物理的なところやオーラの可視化など他のコナン映画ではあまり見られないようなシーンが多くあります!

また、昨年の興行収入の高さからか、見どころのシーンはとても力が入っていたように感じます。

これは映画館でないと体感できないのでつい2~3回程見に行ってしまいました。

キャラクターの表情がとても精密に繊細に描かれているのでそちらも見所だと思います。

それぞれの置かれている状況を考えながら見ると面白いかもしれません……!




◆「名探偵コナン 紺青の拳(フィスト)」恋愛観が強い

園子と京極さんが微笑ましかったです。

園子が京極さんと話す時のトーンや喋り方が恋する女の子でかわいかったです。

怪盗キッドも何回かブルーサファイアを盗みに行きますが、毎回ハラハラしました。

水に溺れていた時は本当に危ないんじゃないかと思いました。

蘭は工藤新一に扮する怪盗キッドに対して手を繋ぐ可愛らしい仕草もあり、ニヤニヤしてしまいました。

全体的に前作と比べて恋愛観が強いなと思いましたが、それはまたそれで面白いです。

コナン映画ならではの爆発シーンやホテルの上の船が下に落ちるシーンもありダイナミックでした。

笑うところではないと思いますが、京極さんが園子をおんぶしながら戦って、園子がすごい振り回されるのと、いきなり京極さんがスーパーサイヤ人みたいになった時は笑いました。

怪盗キッド、コナン、京極真という濃い面子が集まってできた今作は見所がたくさんあって面白かったです。

 

◆「名探偵コナン 紺青の拳(フィスト)」園子の可愛さが際立つ

シンガポールに行きたがっていたコナンが、シンガポールへ行くことができた理由が怪盗キッドのおかげで、今回は怪盗キッドがメインになっていたのが少し不満な点でした。

できればコナンがメインで、蘭との時間を共有しているシーンを増やしてほしかったと思います。

私は普段のコナンのテレビは観ておらず、映画を観る程度なのですが、コナンと怪盗キッドがいつの間にかとても親しくなっていたことには驚きました。

また、園子が悪人たちのために怪我を負うシーンは可哀想でした。

園子が多く出てきている映画はそこまで多くはなかったと思うのですが、今回は園子の可愛さが際立っていたように思います。

いつの間にか園子に彼氏ができていたことにも驚きました。

最終的には園子が巻き込まれた事件はコナンと怪盗キッドによって解決しましたが、真相に行きつくまでが難しい内容になっていました。




◆「名探偵コナン 紺青の拳(フィスト)」子供と一緒に楽しめる

コナンは子供のころからマンガも買って見るくらい大好きなので今年は初めて子供も一緒に映画を見てきました。

コナンはキャラクターも好きで、内容やトリック、あとはコナンと蘭のドキドキ感がいつも見てて自分もドキドキしています。

今回の映画では怪盗キッドとコナンが一緒に協力して解決していくのも見ててドキドキでした。

あといつも笑ってしまうのが蘭が戦う場面です。

蘭はやっぱ強いなってつい笑ってしまいました。

女の子って感じの蘭が急にかっこよくなる場面も私はいつも見ていて好きです。

最後ビックリしたのが蘭はだいぶ最初のほうから怪盗キッドが新一に化けてるっていうのを気づいていたことにビックリしました。

去年は車で走るところ、今回は戦うところとアクションがいっぱい入っているので見ててドキドキしてとても楽しく毎回見ています。

来年の映画も子供と一緒に見に行けたらいいなと思って楽しみにしています。



-◆映画

執筆者:

関連記事

「今日も嫌がらせ弁当」マンネリ化弁当作りのヒント!あらすじ・ネタバレ・感想【最新】

「今日も嫌がらせ弁当」マンネリ化弁当作りのヒント!あらすじ・ネタバレ・感想【最新】 シングルマザーの母親と反抗期の娘が弁当を通じて交流する様子をつづり、ブログから書籍化もされて人気を集めた同名エッセイ …

メンインブラック4ウィルスミス不在はキツイ!ネタバレと感想【最新】

メンインブラック4ウィルスミス不在はキツイ!ネタバレと感想【最新】 地球に生息するエイリアンを監視する秘密組織「MIB」のエージェントたちの活躍を描く人気SFアクション「メン・イン・ブラック」シリーズ …

映画「新聞記者」松坂桃李とシム・ウンギョンのダブル主演!あらすじ・ネタバレ・感想【最新】

映画「新聞記者」松坂桃李とシム・ウンギョンのダブル主演!あらすじ・ネタバレ・感想【最新】   「怪しい彼女」などで知られる韓国の演技派女優シム・ウンギョンと松坂桃李がダブル主演を務める社会派 …

映画「女の機嫌の直し方」あらすじ・ネタバレ・感想【最新】

映画「女の機嫌の直し方」あらすじ・ネタバレ・感想【最新】 ベストセラーとなった新書「妻のトリセツ」の著者としても有名になったAI研究者・黒川伊保子さん。 彼女のベストセラー「女の機嫌の直し方」が映画化 …

エリカ38映画は実話?ネタバレあらすじ!感想【最新】

エリカ38映画は実話?ネタバレあらすじ!感想【最新】 2018年9月に亡くなった樹木希林さんが生前、自身初の企画で製作された映画「エリカ38」 実在の事件をモチーフにした「エリカ38」。 60歳を過ぎ …

最近のコメント

    カテゴリー