エブリデイトピックス

毎日のいろいろ話題をピックアップ

◆映画

トールキン 旅のはじまりネタバレ感想!知的優雅 強固な伝統どんな言葉も陳腐【最新】

投稿日:2019年8月30日 更新日:

トールキン 旅のはじまりネタバレ感想!知的優雅 強固な伝統どんな言葉も陳腐【最新】

冒険ファンタジー映画「ロード・オブ・ザ・リング」「ホビット」3部作の原作者J・R・R・トールキンの前半生を、「女王陛下のお気に入り」や「X-MEN」シリーズで知られるニコラス・ホルト主演で描いた伝記ドラマ。

ホルトがトールキン役、「あと1センチの恋」のリリー・コリンズがエディス役をそれぞれ演じる。監督は「トム・オブ・フィンランド」のドメ・カルコスキ。

 

劇場公開日 2019年8月30日




◆トールキン 旅のはじまり あらすじ

3歳で父を失くし、イギリスの田園で母と弟と暮らしていたトールキンは、母親の急死により12歳で孤児となってしまうが、母親の友人で後見人となってくれたモーガン神父のサポートにより、名門キング・エドワード校への入学を果たす。

そこでトールキンは3人の仲間と出会い、「芸術で世界を変えよう」と互いに誓い合う。

16歳になったトールキンは年上の女性エディスと恋に落ちるが、神父からその交際を厳しく禁じられてしまう。

そしてぼっ発した第1世界大戦がトールキンと仲間たちの運命を大きく変えていく。

◆トールキン 旅のはじまり ここに注目!

こちらの作品に注目している理由はJ.R.R.トールキンの作品やキャラクター、世界観が大好きだからです。

指輪物語、ホビット原作の小説も映画も、ファンタジーの世界を広げ過酷な旅の中で育まれていく友情や信頼、仲間という存在の大切さ、深い悲しみもあるが喜び、そして物語の終わりへ続きながらもそこからさらに先へと続いている世界観、素晴らしいとしか言い表せられない作品です。

それらの作品の生みの親であるJ.R.R.トールキンの前半生を描いたのがこの映画です。

子供のころに母を失ったこと、第一次世界大戦で大切な友人たちを次々と失っていったこと、愛する人と引き離されたこと、トールキンという作家を知る上で彼の半生を知つことが出来ますし、それによって作品のことももっと違った視点から見ることが出来るのではないかと期待しています。

トールキンが何を思い、感じ作品を作り上げていったのか、そして彼の生きた時代がどんな時代だったのか知れたらと思います。

また、トールキン役を演じるのがニコラス・ホルトということも注目できる理由の一つです。

子役でデビューしてから今でもしっかりと活躍している俳優の一人、彼の演技力も期待しています。アバウト・ア・ボーイの時の印象が強いこともあって現在の彼の演技がより一層楽しみです。

 

◆トールキン 旅のはじまり みんなの感想

トールキン 旅のはじまり、見てきました。 本当にビューティフルな、美しい、映画だった。ジェフリー・スミス役のアンソニー・ボイルくん、こんなに大画面でこんなに美しい役を見せてもらえるなんて思ってなかったよ。素晴らしい。ますます好きです
『トールキン 旅のはじまり』鑑賞。トールキンの幼少時代から学生時代の大切な友人達との出会い、どうしてホビットからの一連の物語が出来たのか…をベースに描いていた。でも所々に挟まってくる戦争の場面が辛かった(指輪物語のあのシーンを意図しているところが多いですが)。
トールキン旅のはじまり81点。 指輪物語・ホビットは原作読んで映画も好きなのでトールキンの事凄い気になっていた。 時代背景や伝記映画として才能あったんだと面白かったけど。 戦争の描写に冥王サウロンぽいのが出る、いくら魘された夢の中でも映像としてしっくりいってない感はある
『トールキン 旅のはじまり』一本のお話として見るとどうしても散らかっているように思えるのは偉人半生モノとしてはしょうがない点なのでしょうか。個人的には友情にもっと傾けて欲しかったなぁ。スイスのエピソードとか見てみたかった。
「トールキン 旅のはじまり」からの英パブで大感想語り 作家の創作の秘密とそれに絡む女性、多感な時期を共用した英国青年達の物語 無性に英田園地方と古い図書館にいきたくなる 随所に出るウィリアム・モリスの壁紙も素敵 寄宿生とかパブリックスクールの響きに敏感な人にも見てほしいな。
『トールキン 旅のはじまり』初日観てのパブで語っての二次会居酒屋で語っての、ようやくさぁ、戻ってきただよ。 映画本編、本当に美しくて「言葉と物語ること」を真摯に慈しみをもって描いた良作でした。 あと寄宿学校というワードに心ときめく人は見るんだ! 皆の大好きな英国感満載だ!さあ!
「トールキン 旅のはじまり」 教授の人生についてはロード・オブ・ザ・リングの特典映像等で軽く知っていたけど、こうして映画として観ると美しくも切なくて涙が溢れた… あんなに知的で優雅な言葉の数々を見た後ではどんな感想を書いても陳腐に見えるけど…英国の魅力が詰まり過ぎていて最高でした。
知性と友情。 ことばを信じる人々。 強固な伝統。 物語の世界を育むもの。 愛、そして想像力。学問。 全ての良きものを滅ぼす戦さと、綴る筆記体文字の美しさと。… 「トールキン 旅のはじまり」



-◆映画

執筆者:

関連記事

映画「新聞記者」松坂桃李とシム・ウンギョンのダブル主演!あらすじ・ネタバレ・感想【最新】

映画「新聞記者」松坂桃李とシム・ウンギョンのダブル主演!あらすじ・ネタバレ・感想【最新】   「怪しい彼女」などで知られる韓国の演技派女優シム・ウンギョンと松坂桃李がダブル主演を務める社会派 …

映画「かぐや様は告らせたい」ネタバレ感想!平野紫耀&橋本環奈美しいが賛否両論! 【最新】

映画「かぐや様は告らせたい 天才たちの恋愛頭脳戦」ネタバレ感想!平野紫耀&橋本環奈美しいが賛否両論!【最新】 テレビアニメ化もされた赤坂アカの同名人気ラブコメ漫画を「King & Prince …

『アラジン』実写映画のあらすじ!ネタバレ!感想【最新】

『アラジン』実写映画のあらすじ・ネタバレ・感想【最新】 多くのディズニーファンが待ち望んだ、ディズニーの不朽の名作「アラジン」実写版! 全国のディズニーファンが上映の日を今か今かと待ち望んでします。 …

実写映画「名探偵ピカチュウ」ネタバレ感想!おじさん声ピカチュウのリアルさ!【最新】

実写映画「名探偵ピカチュウ」ネタバレ感想!おじさん声ピカチュウのリアルさ!【最新】 世界的人気を誇る日本発のゲーム「ポケットモンスター」シリーズの「名探偵ピカチュウ」をハリウッドで実写映画化。 「デッ …

『アンノウン・ソルジャー英雄なき戦場』あらすじ・ネタバレ・感想【最新】

◆映画『アンノウン・ソルジャー英雄なき戦場』あらすじ・ネタバレ・感想【最新】 第二次世界大戦中の1941年から1944年におこったフィンランドとソ連の継続戦争がテーマの映画「アンノウン・ソルジャー英雄 …

最近のコメント

    カテゴリー