エブリデイトピックス

毎日のいろいろ話題をピックアップ

◆映画

なんちゅータイトル!「ブラ!ブラ!ブラ!胸いっぱいの愛を」近年珍しい無音映画!あらすじネタバレ

投稿日:2020年1月17日 更新日:

なんちゅータイトル!「ブラ!ブラ!ブラ!胸いっぱいの愛を」近年珍しい無音映画!あらすじネタバレ

「世界でいちばんのイチゴミルクのつくり方」「ツバル」のファイト・ヘルマー監督が、ブラの持ち主を探す鉄道運転士の旅を全編セリフなしでユーモラスに描いたヒューマンドラマ。

「アンダーグラウンド」のミキ・マノイロビッチが主演を務めるほか、「ポンヌフの恋人」のドニ・ラバン、「スパングリッシュ 太陽の国から来たママのこと」のパス・ベガら国際色豊かなキャストがそろった。

2018年・第31回東京国際映画祭コンペティション部門では「ブラ物語」のタイトルで上映。

劇場公開日 2020年1月17日

◆「ブラ!ブラ!ブラ!胸いっぱいの愛を」あらすじ

定年退職を控えた鉄道運転士ヌルランは、最後の乗車となるバクー行きの列車を運転していた。

目的地まであと少しのところで、物干しロープから外れた青いブラが列車に引っかかる。ヌルランは退職後の孤独から逃れるため、そのブラの持ち主を探すことを決意。

線路沿いの家を次々と訪ね歩いていくが……。

 

◆「ブラ!ブラ!ブラ!胸いっぱいの愛を」無音映画のハイクオリティ感に期待

仕事を引退した老人が、列車に引っかかっていたブラジャーを返却するべく持ち主を探し歩く。

なんとも衝撃的な、且つ魅力的なストーリーではないてましょうか。

 

予告映像などを見るとわかる、まるで絵本の世界のようなメルヘンな世界観や色使いも魅力的。

あらゆる賞を獲得してある、ウェス・アンダーソン監督作品を彷彿とさせるような作品です。

 

そして、現時代においては珍しい無音映画という点。

近年めっきり見なくなった無音映画ではありますが、映画の歴史を振り返ると映画の起源は無音映画。

今見返してみても、無音映画にはクオリティが高いものが多い。

効果音などでごまかしが効かない分、ストーリーや演出が問われ、自然とハイクオリティなものになるのではないでしょうか。

近年見ないタイプの映画として、注目の一本。

 

◆「ブラ!ブラ!ブラ!胸いっぱいの愛を」みんなの感想

「ブラ!ブラ!ブラ! 胸いっぱいの愛を」ブラジャーの持ち主をひたすら探す、というコントのような荒唐無稽なアイディアで生まれた作品ではあるが、一切台詞を用いらないという潔い姿勢によって極めて映画的に仕上げている。俳優の一挙手一投足こそが、言語よりも雄弁に物語る事がよく判る意欲作。
「ブラ!ブラ!ブラ! 胸いっぱいの愛を」年間ベスト決定です…。孤独な老人男性がブラの持ち主を探し奮闘しつつも、様々な女性達に愉快に振り回されまくるロードムービー。ガラスの靴でなくブラっていうのがかなり挑戦的なんだけど、軽妙なコミカルさと卓越したセンスでポップに仕上がってる!
「ブラ!ブラ!ブラ!胸いっぱいの愛を」を観た。 「えっ!?なぜそうなる!?」の連続ですごかった。想像のつかないオチだった。 国も文化も日本と違う上にセリフなしの映画だから理解できるか不安だったけど、いやいや分かるもんだねぇ
『ブラ!ブラ!ブラ! 胸いっぱいの愛を』 風変わりで幸福な鑑賞体験。アゼルバイジャンを舞台に老いた鉄道運転士が、列車に引っかかったブラジャーの持ち主を探し村をさまよう不可思議物語が、全編セリフなしで進行する。言語野お休みモードなうえ音作りが繊細で、予想外の快感シャワーを浴びた感。
昔の名作にあやかりたいと思ったんだろうかw いらぬサブタイトルまで付けたやけに長くてダサい題名の『ブラ!ブラ!ブラ! 胸いっぱいの愛を』。シンプルに昨年の東京国際映画祭上映時の「ブラ物語」でよくない? だけど、全編台詞なしのストーリーに感動的なエンディング。内容はとても素晴らしい!
『ブラ!ブラ!ブラ!胸いっぱいの愛を』 2018年の東京国際映画祭で上映、絶賛されていたファイト・ヘルマー監督作品 鉄道運転手の老人が列車に引っかかったブラジャーの持ち主を探し歩くユーモラスで珍妙なサイレントコメディ。 台詞なしでグイグイ魅せる! K’sシネマのみの公開なんてもったいない!



-◆映画

執筆者:

関連記事

トールキン 旅のはじまりネタバレ感想!知的優雅 強固な伝統どんな言葉も陳腐【最新】

トールキン 旅のはじまりネタバレ感想!知的優雅 強固な伝統どんな言葉も陳腐【最新】 冒険ファンタジー映画「ロード・オブ・ザ・リング」「ホビット」3部作の原作者J・R・R・トールキンの前半生を、「女王陛 …

映画「台風家族」ネタバレ感想あらすじ!クズだが最高!3週間限定が残念すぎ!【最新】

映画「台風家族」ネタバレ感想あらすじ!クズだが最高!3週間限定が残念すぎ!【最新】 「箱入り息子の恋」の市井昌秀監督のオリジナル脚本で、草なぎ剛、MEGUMI、中村倫也、尾野真千子、藤竜也らが演じるひ …

映画「Diner ダイナー」藤原竜也の狂気炸裂!豪華キャスト!ネタバレ感想あらすじ【最新】

映画「Diner ダイナー」藤原竜也の狂気炸裂!豪華キャスト!ネタバレ感想あらすじ【最新】 藤原竜也と蜷川実花監督が初タッグを組み、平山夢明の小説「ダイナー」を映画化。元殺し屋の天才シェフ、ボンベロが …

映画「僕のワンダフル・ジャーニー」ネタバレ感想!高評価号泣確実!犬好き必見!猫好きもぜひ!【最新】

映画「僕のワンダフル・ジャーニー」ネタバレ感想!高評価号泣確実!犬好き必見!猫好きもぜひ!【最新】 愛する飼い主に再び会うため転生を繰り返す犬の姿を描いた「僕のワンダフル・ライフ」の続編。 前作で50 …

映画「こはく 」評価は?アキラ100%演技は?ネタバレ感想・あらすじ【最新】

映画「こはく 」評価は?アキラ100%演技は?ネタバレ感想・あらすじ【最新】   俳優の井浦新と、本名の「大橋彰」名義で出演した芸人のアキラ100%が、兄弟が幼いころに突然姿を消した父を長崎 …

最近のコメント

    カテゴリー